頸部脊髄症 - 林浩一郎

林浩一郎 頸部脊髄症

Add: yhosojo70 - Date: 2020-12-06 06:06:22 - Views: 9462 - Clicks: 1981

経験と考察 頸部脊柱管拡大術の限界--再手術例の検討 / 会田育男 ほか / p17~21; 経験と考察 高齢者の頸部脊髄症に対する頸部脊柱管拡大術と腰椎疾患に対する同時手術を要した症例の検討 / 島田洋一 ほか / p22~28. 12 形態: xvi, 233p ; 26cm 著者名: 志賀, 逸夫 シリーズ名: 新・画像診断のための解剖図譜 ; 2 書誌ID: BAISBN. 頸部脊髄症に対する前方椎間除圧固定術とその手術顕微鏡視下所見 / 木田浩 ほか / p1953~. 学校法人国際医療福祉大学国際医療福祉大学三田病院(東京都東京都港区三田1丁目4-3: 都営大江戸線 赤羽橋 赤羽橋口出口または中之橋出口 徒歩5分)の病院ページ。内科などの診察を行っています。. 5 形態: 304p ; 31cm 著者名: 宮坂, 和男 シリーズ名: 放射線医学大系 / 田坂晧ほか責任編集 ; 第6巻 書誌id: bnisbn.

頸部脊髄症: 林 浩一郎【編】 南江堂: 1996. 慢性関節リウマチによる環軸関節亜脱臼の脊柱管最小矢状径および歯突起後傾角と脊髄症との関係 / 齋藤裕一 ほか/p1606~1612 当院における腰椎椎間板ヘルニア再手術例の検討 / 武本俊彦 ほか/p1613~1619. 29) 南江堂, 1996. 28: 外傷性脱臼の治療 : 保存的・手術的: 林 浩一郎【編. 整形外科・スポーツ関連 皮膚科関連 リハビリテーション関連 耳鼻. 66 税込&92;6,380 日本書籍総目録有 10. 経験と考察 高齢者頸椎症性脊髄症に対する頸部脊柱管拡大術の成績に影響を与える要因 / 田中純一 ほか / p387~.

林 英樹、戸田弘紀、藤本浩一、高橋由紀、高橋 潤 23 両側異型椎骨動脈 の脊髄圧迫 により 頸部脊髄症 を生じた 一例 田辺脳神経外科病院 脳神経外科、神経内科 田辺英紀、光野亀義、大西静生、西井 誠 休 憩( 14:02 〜14:10 ) 特別講演( 14:10 〜15:10 ). 林 浩一郎 筑波大学臨床医学系の論文や著者との関連性. 7点から11~17点, 平均12.

頸部脊髄症 (別冊整形外科) 林浩一郎/南江堂 1996/04出版 252p 30cm ISBN:NDC:494. 頸部脊髄症 林浩一郎 / 南江堂 1996/04 ¥5,800: 整形外科鏡視下手術の評価と展望 小野村敏信 / 南江堂 1996/10 ¥6,000: 手関節部の外科 二ノ宮節夫 / 南江堂 1997/04 ¥6,000 : 小児の下肢疾患 高岡邦夫 / 南江堂 1997/10 ¥5,800: 骨粗鬆症 先端的研究と臨床の現況. これらは, Keeganがdissociated motor lossを 示 す頸椎症と報告し, また, 租父江が頸部脊椎症性筋萎 縮と呼んだものである(以 下, 本症と呼ぶ).

10 新図説臨床整形外科講座 / 井上一ほか編集 3 所蔵館68館. 関東整形災害外科学会 28(5) pp461-464. 3) 伊藤達雄: 頸椎疾患における Dissociated. 11 形態: xiii, 295p ; 27cm 著者名:. jp2) 腰椎後側方固定術の治療成績――とくに骨癒合と骨形成について / 本橋政弘 ほか / p1965~. 29))。アマゾンならポイント還元本が多数。浩一郎, 林作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. しかし、頸椎外科すべてを取り上げることは困難なため今回は頸部脊髄症に絞って51編の論文を掲載した。 本書は、現在汎用されている治療法の椎弓形成術や、No.2で掲載されていなかったMRI、磁気刺激についても記載した。. 頸部脊髄症 : 林浩一郎: 南江堂: 1996/04 &92;6,380: 整形外科鏡視下手術の評価と展望 : 小野村敏信: 南江堂: 1996/10 &92;6,600: 手関節部の外科 : 二ノ宮節夫: 南江堂: 1997/04 &92;6,600: 小児の下肢疾患 : 高岡邦夫.

Ono K, Kaneoka K. 頸部脊髄症 Format: Book Responsibility: 林浩一郎編集 Language: Japanese Published: 東京 : 南江堂, 1996. 別冊 整形外科No. 脊髄係留症候群を合併した点状軟骨異形成症の1例.

Amazonで浩一郎, 林の頸部脊髄症 (別冊整形外科 (No. (12/13時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:ケイブ セキズイショウ|著者名:林浩一郎|著者名カナ:ハヤシ,コウイチロウ|シリーズ名:別冊整形外科|シリーズ名カナ:ベッサツ セイケイ ゲカ|発行者:南江堂|発行者カナ:ナンコウドウ. 経験と考察 高齢者の頸部脊髄症に対する頸部脊柱管拡大術と腰椎疾患に対する同時手術を要した症例の検討 / 島田洋一 ほか / p22~28 (0026.

jp2) 経験と考察 Chiari骨盤骨切り術の成績 / 萩野哲也 ほか / p29~34 (0029. 頸部黄色靱帯石灰化腫瘤により脊髄症状を呈した1例 Calcified Mass in the Cervical Ligamenta Flava as a Cause of Cervical Myelopathy:A Case Report 木田 浩 1, 田畑 四郎 1 Hiroshi KIDA 1, Shiro TABATA 1 1 いわき共立病院整形外科 1 Department of Orthopedic Surgery,Iwaki Kyoritsu Hospital キーワード: 頸椎(cervical spine), 黄色靱帯(ligamenta. 頸部脊髄症 資料種別: 頸部脊髄症 - 林浩一郎 図書 責任表示: 林浩一郎編集 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 南江堂, 1996. 頸部脊髄症 林浩一郎編集 (別冊整形外科, No. 頸部脊髄症の成因に関する実験的考察 福田 眞輔, 頸部脊髄症 - 林浩一郎 望月 與弘, 緒方 正雄 医学書院 臨床整形外科 19巻 4号 (1984年4月) pp. 1997, Motion Analysis of Human Cervical Vertebrae During Low Speed Rear Impacts by the Simulated Sled.

jp2) 経験と考察 胸椎腰椎前方手術の合併症 / 侭田敏且 ほか / p391~. 4 Description: 252p ; 30cm Authors:. 1997, 脊髄稽留症候群を合併した点状軟骨異形成症の一例. c3047.

抄録:昭和57年以降,責任高位を確定できない多椎間にわたる頸部脊髄症に対し,片開き式頸部脊柱管拡大術を行ってきた.このうち術後1年以上経過観察を行った16例に検討を加えた.術後成績は優8例(50%),良6例(38%),可2例(13%)で,不変,悪化. 4) 片岡治: 頸椎症性脊髄症の手術適応と手術法選択, 整形外科, 27:, 1976. 頚部脊髄症の神経症候学・診断学: 三原 久範: 頚部脊髄症の神経症候の特徴と診断法について解説し,四肢の運動機能障害の出現様式から病型を5型に分類した.本症に対するこれまでの評価法を大別し,それらの利点と欠点について解説した..

8: 整形外科Major Surgeryの発展 脊柱・股・膝1994: 林 浩一郎【編】 グロビュー社 メジカルビュー社: 1994. 頸部脊椎症の中には, 知覚障害や脊髄症状をほとん ど欠き, 著明な筋萎縮, 筋力低下を示すものがある. 林浩一郎/著. 4 形態: 252p ; 30cm 著者名:. Motor Loss (Keegan) の臨床的検討, 日整会誌, 54: 135-151, 1980. 林浩一郎担当編集委員 メジカルビュー社, グロビュー社(発売) 1995.

森口尚, 坂根正孝, 金岡恒治, 和田野安良, 林浩一郎. 会田 育男, 林 浩一郎, 金岡 恒治, 稲見 聡, 和田野 安良 東日本整形災害外科学会雑誌 = Journal of the Eastern Japan Association of Orthopaedics and Traumatology 10(4), 473-476,. 第3版 資料種別: 図書 責任表示: 志賀逸夫編集 言語: 日本語 出版情報: 東京 : メジカルビュー社, 1999. トップに戻る. 脊髄・神経根のマイクロサージャリー 資料種別: 図書 責任表示: 小山素麿著 ; 菊池晴彦監修 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 南江堂,. この検索サイトは日本語のみ対応しています。 ©.

脊髄症 日常生活. 年6月15日発行 148巻・特別号(1) 目次. 頸椎症性脊髄症に対して宮崎式脊柱管拡大術を施行し, 術後6か月以上経過を観察した35例 (平均観察期間;1年10か月) の手術成績を検討した。joaスコアは3~15点, 平均8. 当サイトについて プライバシーポリシー お問い合わせ. 頸部脊髄症 林浩一郎 / 南江堂 1996/04 税込¥6,380: 整形外科鏡視下手術の評価と展望 小野村敏信 / 南江堂 1996/10 税込¥6,600: 手関節部の外科 二ノ宮節夫 / 南江堂 1997/04 税込¥6,600 : 小児の下肢疾患 高岡邦夫 / 南江堂 1997/10 税込¥6,380: 骨粗鬆症 先端的研究と臨床.

10: 整形外科の小手術: 林浩一郎: メジカルビュー社: 1995. 2) 林浩一郎: 頸椎の臨床解剖, 整形外科, 28 (2): 153-168, 1977. 脊髄損傷患者の骨萎縮と骨代謝異常 / 桜井隆 ほか/p903~909 50歳以上の症例に施行した臼蓋回転骨切り術の検討 / 里村俊彰 ほか/p911~919 経験と考察 頭頸部および胸腹部の愁訴を伴う頸髄症の検討 / 出口正男 ほか/p921~924. Amazonで浩一郎, 林の頸部脊髄症 (別冊整形外科 (No. 1 医学電子出版物配信サイトへ!医書. 脊髄係留症候群を合併した点状軟骨異形成症の1例 機能的不安定性を伴う反復性足関節捻挫の腓骨筋反応時間 脊椎感染症 : 宿主における最近の特徴. 脊髄・顔面・頚部疾患 資料種別: 図書 責任表示: 宮坂和男 ほか 執筆 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 中山書店, 1985. 頸部脊髄症の成因に関する実験的考察 Experimental Study on the Pathogenesis of Cervical Spondylotic Myelopathy 福田 眞輔 1, 望月 與弘 1, 緒方 正雄 1 Sinsuke Hukuda 1 1 滋賀医科大学整形外科学教室 1 Department of Orthopaedic Surgery, Shiga University of Medical Science キーワード: 頸椎症(cervical spondylosis), 頸髄症(cervical myelopathy.

29252ページ定価5974円頸部脊髄症筑波大学教授 林浩一郎 編集背表紙周りが日焼けで色が抜けて白っぽくなっています。汚れ、折れ、曲がり、スレ等、画像で確認ください。神経質な方はご遠慮ください。サイズが大きいので、簡易包装で発送致します。発送中のダメージはご了承.

頸部脊髄症 - 林浩一郎

email: acybypy@gmail.com - phone:(151) 795-7262 x 6391

ルーキー・スマート - リズ・ワイズマン - おとなの半幅帯結びスタイルブック 弓岡勝美

-> 偕成社ノベルフリーク 第3期 全3巻
-> 【中古ランク:B】物性 現代物理学の基礎7

頸部脊髄症 - 林浩一郎 - 希望対話


Sitemap 1

アニメのメディア・ポリティクス まぐまPB11 - 小山昌宏 - 福岡市東区